クラミジアは男女の性別を問わず感染し、感染確率も高い性病です。症状は様々ありますが放置しておいては治りませんし女性の場合は不妊にも繋がります。現在は自宅で出来る検査キットが発売されていますので試してみてはいかがでしょうか?

クラミジア検査について考える男女

クラミジア検査と混合性の尿道炎になる細菌の種類

クラミジア検査をしたときに、他の性病に対する抗体検査も同時にしておくと、尿道炎の原因がクラミジアと梅毒の混合性の場合があります。基本的には細菌は同時に存在するのが難しいのですが、種類によっては尿道などに一緒に繁殖して、炎症をおこすこともあります。性病にかかりやすいのは女性ですが、とくに尿道炎は、膀胱炎などと併発しやすいので、排尿時の痛みが強い場合があります。混合性の場合は、抗生物質を変更することが必要になる場合があるので、性病の症状が見られたら、主要な性病の検査をすべて受けておくことが大切です。クラミジアと梅毒の初期症状は風邪とよく似ているので、内科を受診してそのまま風邪の治療をしてしまうことがありますが、顔の中央に赤い斑点ができはじめたり、水泡が多くなってきたら、性病である可能性が非常に高いので性病科のある病院や、泌尿器科を受診する必要があります。性病科はプライバシーにも配慮してあるので、他の患者と会わないような構造になっている病院も多いのですが、泌尿器科の場合は、医師が男性であることも多く、患者も同じ待合室で待たなければならないので、初めて性病になってしまった女性は、なるべく女性専用のクリニックなどを探して受診すると、落ち着いた気持ちで検査や診察を受けることができます。性病はならないようにするのが一番大切ですが、もし感染したら早期に治療をすることが大切で、クラミジアや梅毒は症状の進行が遅いのですが、最終的には肝臓まで細菌が侵入して、細菌性の肝炎や腎盂炎などを起こすこともあります。また不妊の原因にもなるので、不特定多数のパートナーとのセックスを減らしたり、定期的に検査を受けるなどの適切な対処をすることが将来的なリスクを減らす結果になります。