クラミジアは男女の性別を問わず感染し、感染確率も高い性病です。症状は様々ありますが放置しておいては治りませんし女性の場合は不妊にも繋がります。現在は自宅で出来る検査キットが発売されていますので試してみてはいかがでしょうか?

クラミジア検査について考える男女

クラミジア検査で異常な反応がある場合には?

クラミジアとは、生きた細胞内でのみ増殖が可能な微生物で、最近の研究結果で、大腸菌やサルモネラ菌、腸内細菌科などに代表されるような「グラム陰性球菌」に類似する細菌として分類されています。おもに性行為で感染する細菌で、50%以上の確率で感染すると言われています。独特の増殖形態を持っており、生きた細胞内に侵入し分裂増殖を行います。クラミジアに感染すると、男性の場合は、軽い排尿痛や痒み、漿液性の尿道分泌物があらわれる「尿道炎」や、精巣上体の腫れや疼痛、発熱などの症状がある「精巣上体炎」などに罹ります。また、女性の場合は、男性に比べて感染率も高く、放置すると子宮頚部から腹腔内へと進行し、子宮付属器炎や骨盤内炎症性疾患などを発症する恐れもあり、不妊症の原因になるとされています。おもな症状としては、おりものが増えたり、不正出血、下腹痛、性交痛などがありますが、個人差もあるため、これといった決定的な症状はありません。また、最初の感染部位でもある子宮頸管炎は、感染した場合にも、ほとんどが無症状であるため気付きにくく、放っておくと卵管炎や腹腔内感染へと移行してしまう可能性も高くなります。また、骨盤内から上腹部まで炎症が進行した場合には、肝臓周囲に炎症を起こしたり、オーラルセックスなどにより咽頭感染などに罹る場合もありますので、クラミジア検査で異常な反応がある場合には、速やかに医師の判断のもと、治療を行う必要があります。「クラミジア検査」と聞くと、つい検査を躊躇してしまいがちですが、経口薬や注射薬によって、比較的簡単に治療を行うことができますので、疑われる症状がある場合には、まずはパートナーと一緒に検査を受けるようにしましょう。