クラミジアは男女の性別を問わず感染し、感染確率も高い性病です。症状は様々ありますが放置しておいては治りませんし女性の場合は不妊にも繋がります。現在は自宅で出来る検査キットが発売されていますので試してみてはいかがでしょうか?

クラミジア検査について考える男女

クラミジア検査で異なる検出法と起源

クラミジア検査において、咽頭に問題があると判断された場合には喉に存在する粘膜を採取するという方法が行われます。
一方、デリケートな部位に問題がある可能性が見受けられる際は分泌物を調べます。
採取した物質は繰り返し加温と冷却を行い、遺伝子を増やした上で菌を検出するといった方式が行われます。
男性と女性で検体に差異があり、男性の場合は尿で女性の場合は分泌物が利用されます。
このように遺伝子を利用した方法が存在するのですが、利用せずに検出する方法も存在します。
加温したり冷却させるといった手を加えないので、病気を生じさせている起源の状態に近い様子で検出させられます。
そのため、今日においては最も注目度が高い検査法と言われています。
こうした方法でクラミジア検査が行われた結果、陰性の場合は問題無いものの陽性の場合は完治に向けた治療を行う必要があります。
治療に使用するのは抗生物質で、1日から7日間程度服用することが指示されます。
個々の症状によって服用を続けるべき期間が異なり、医師から飲み続けるべき期間が指示されるので、必ず指定通り飲用しましょう。
見受けられる症状が重度なもので炎症が起きていたり、腹痛と発熱がある際点滴を用いた治療も行われます。
適している治療方法を継続し、再びクラミジア検査を行った後に陰性という判断が下された時に完治という診断になります。
しっかりと治療を講じていたのにも関わらず二度目のクラミジア検査で陽性になった場合は、用いる抗生物質を変更するといった対策方法が講じられます。
陰性になるまで服用する抗生物質を変え続けて治療を継続します。
パートナーが存在している場合は、パートナーと2人で受診することになります。